[HOME ] [MASTER ]

Maniac日記


2 / 21
Gibson倒産の危機とか情報が飛び交ってるが、400億円の時点で危機ではなく確定という気がする。

2 / 20
Honda Sound Worksのネットの記事を読んで笑った。Spiceなるエフェクターに至ってはInとOutをヴィンテージワイヤーで繋いだだけという落ち。ブティックメーカーの「高価だから良い音がする」という迷信を信じてはいけない!

2 / 12
中古楽器を扱うお店がネット通販にて「ネック保証対象外」なんていう楽器を販売しているが、不良がある時点で楽器として成立しないと思う。それならそれで部品取りのジャンク価格での販売と考えるのが普通なのだが、割とイイ値段で販売されているのが腑に落ちない。

2 / 11
新バンドの練習だったが、現場で初めて新しくやる曲の事を聞いてビックリ(笑)。ヴォリュームを絞って弾きましたとさ。。。

2 / 4
ヤフオクでアレンビックディスタレイトベースを発見。何も知らずに出品しているようだが、入札者は放り出し物と解ってる雰囲気がする。塗装の状態は良くないようなのでキチンとレストアしてあげれば綺麗になる予感しかしない(笑)。

1 / 27
経年ですっかり剥げて灰色になったNS-2のBADASS Iブリッジの再生を開始。まずは耐水ペーパーで磨き上げピンルーターを使ってバフ掛け。これに透過性のあるイエローを塗装すればゴールドに仕上がるという寸法。イエローでももう少し赤みが欲しかったところだが、まあこの辺は適当ということで。。。

1 / 25
遂にSagoも中国製か、、、。

1 / 24
Youtubeのスウィープ奏法のとあるレッスンビデオを観ていて、自分のNS-6が24フレットだと気付くという。。。

1 / 17
近頃ムクムクとクラフト意欲が湧いてきているのだが、ギタースケールのヘッドレスベースなんか作れれば悪天候時のスタジオ移動とか凄く便利なんだが。

1 / 16
真空管アンプ自身が発するノイズってどうすりゃいいんだろうか?

1 / 12
Legacy Pickupはまだ手に入るようだが現在の為替レートだと本当に欲しい人が手にするのがベターかも。昔みたいに複数買って残りをオークションで販売すれば自分の分が浮くみたいな買い方は出来ないね。

1 / 11
職場でただいま社史を編集しているのだが、Maniac日記を書き続けていることで適切な文章や単語が湧いてくる。助かった。

1 / 10
ようやくFURMANを取りに寄れた。今夜は掃除しながら修復予定。

1 / 7
近頃気になるのがDarkglass Electronicsというメーカー。Aguilarの音が好きで満足しているのですぐに手を出すことはないだろうけど、なんとなくベース専業ってことで相通ずる何かを感じる。

1 / 5
FURMANを取りに行くチャンスだったが荒天のため延期。。。

1 / 2
FURMANのテーブルタップ(?)ジャンクが届いたそうなので数日中に取りに行く。どうせジャンクなのでスイッチを増設したり改造して使いやすくする予定。ただし内部に空間的な余裕があるかどうかではあるが。

1 / 1
明けましたな。

12 / 29
やりたいことが多すぎて何も出来ずに1日が終わるという。。。

12 / 28
お正月に親戚一同が集まるのだが、義理の甥の嫁がFlea bassを所有しているので貸せと伝言しておいた。

12 / 24
FireGlow PPS-05を1時間ほど使用してみたが問題児のPolytuneもDropもノイズが出なくて、しかもまったく発熱しないのには驚いた。1年前ならこの性能だと2〜3万円は出費しなくてはならないのに、1万円未満でこの環境を得ることが出来る事に驚きと共に感謝。

12 / 23
オークションの写真でも明らかに解る程度のネック折れのベースを出品している業者。ネック折れを明記していない事に悪意を感じる。

12 / 22
FIREGLOW PPS-05を入手。帰宅後にテスト予定。

12 / 20
FIREGLOW PPS-05が入荷していないか馴染の楽器店に見に行った。居合わせた馴染の店員に問い合わせてみたら発注書を切ってしまっていたので、仕方ないから入荷したら買うか(笑)。

12 / 18
電源でいろいろと苦労していたが、FIREGLOW PPS-05なるものが発売となることを迂闊にも発見してしまった。半ば諦めていたのにこの発見でまたうずうずしてしまう(苦笑)。

12 / 8
Virtual batteryが唯一効果があったのがPolytune mini。これに繋ぐとチューニング中に出る変なノイズは無くなった。

12 / 7
現場の電源環境に依存するとは思うのだが、デジアナ混在でアースをリフトさせなくても自宅ではノイズは出ない模様(苦笑)。

12 / 6
Gigrig Virtual Batteryが届いたので実験してみたが、やはり容量的にRicochetもDropも駆動できなかった。残念ではあるが予想していた通り。ということでアナログ側につなぐ予定。

12 / 5
ボードからチューナーを外すべくクリップチューナーを物色していたが、KORG Sledgehammer Proってのが良さそうなので注文した。

12 / 4
新しいカントリーのバンドの練習が週末に迫っているのでお尻に火が付き始めている。

12 / 2
相も変わらず電源を別系統から取るしか解決法が無いデジタルエフェクターだったが、GIGRIGというメーカーが出しているホットもグランドもリフトさせる装置を発見したので届き次第実験してみる。ただし容量的にかなり厳しい可能性が高いのだが、、、。

12 / 1
SJC Custom Drumsってメーカーのドラムってめちゃんこ高価だけど、独創性があって面白そう。音は知らんけど(笑)。


[ バックナンバー ] [トップ ]

無料カウンターお薦めウェブナビ出会い 無料便利スペース10
MAIL